2016年建築学会全国大会に参加

2016年建築学会全国大会に参加しました。
会期 : 2016年8月24日(水)~8月26日(金)
会場 : 福岡大学(福岡市城南区七隈8-19-1)

発表した論文は下記の4つです。
■8月25日(木) 8号館821室
RC構成則・解析法(1)(13:30〜14:26)
23334 自己歪が鉄筋コンクリート造建築物の構造性能に与える影響に関する研究
    その1.3次元非線形構造解析用ソフトウエア「Soft-OCU」の開発
    ○渡部嗣道(大阪市立大)・冨田耕司・張殿宇
2016 建築学会大会 九州 その1

23335 自己歪が鉄筋コンクリート造建築物の構造性能に与える影響に関する研究
    その2.解析計画
    ○冨田耕司(ソフトエボリューション)・渡部嗣道・張殿宇
2016 建築学会大会 九州 その2

23336 自己歪が鉄筋コンクリート造建築物の構造性能に与える影響に関する研究
    その3.ひび割れ解析結果
    ○植田健太(大阪市立大)・渡部嗣道・冨田耕司・張殿宇
2016 建築学会大会 九州 その3

23337 自己歪が鉄筋コンクリート造建築物の構造性能に与える影響に関する研究
    その4.Puchover解析結果とまとめ
    ○張殿宇(バウエンジニアリング)・渡部嗣道・冨田耕司
2016 建築学会大会 九州 その4

平成 28年度 (2016年度 ) 近畿支部研究発表会に参加

平成 28年度 (2016年度 ) 近畿支部研究発表会に参加
しました。
6月26日(日) 下記の 2論文を発表
NO2003
時間依存性自己ひずみによる劣化ひび割れに関する解析的研究
(その1.研究課題と解析概要)
 〇 渡部嗣道(大阪市大)
   張殿宇(バウエンジニアリング)
   冨田耕司(ソフトエボリューション)
論文ダウンロード:20160313 watanabe1

NO2004
時間依存性自己ひずみによる劣化ひび割れに関する解析的研究
(その2.解析結果)
 〇張殿宇(バウエンジニアリング)
  渡部嗣道(大阪市大)
  冨田耕司(ソフトエボリューション)
論文ダウンロード:20160313 watanabe2

第1回 劣化ひび割れ研究会について

第1回 劣化ひび割れ解析研究会 が 下記の通り行いました。
日時: 平成28年7月5日(火曜日) 13:00~
場所: 大阪市立大学
生活科学部居住環境学科
居住環境材料学講座 渡部嗣道研究室(S304)
で行いました。

出席者
  渡部(大阪市立大学教授)
  辻村(バウエンジニアリング株式会社)
  佐藤(バウエンジニアリング株式会社)
  冨田(ソフトエボリューション株式会社)

議事内容
●覚書の調印
 ・13:00~14:00
●本年度の研究計画と分担
 ・14:00~16:30
●懇親会
 ・17:00~